オー・ローズのトップページ



オー・ローズ オンラインストア




神宮前の
オー・ローズファニチャー

 オー・ローズ facebook
«  2019年2月  »
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
2019年のブログ
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
アーカイブ
以下は過去のブログ選択
 
2018年のブログ
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

O-ROSEの取扱い商品や、日頃の出来事を紹介するコーナーです。

2019年2月


2019/2/25(月)

『 オー・ローズ ファニチャー 新入荷商品 PP701 と MODUS のお知らせ 』


 こんにちは阿部です。
今回のO-ROSE TODAYでは新入荷の商品をご紹介いたします。


PP701 マホガニー材オイル仕上げ

O-ROSEのカスタムショップ(特注限定品)シリーズで、
PP701チーク材や、PP58チェリー材に続きPP701マホガニー材オイル仕上げが6脚が再入荷いたしました。 店頭で展示販売を行っておりますので、ぜひご来店いただき、異なる木目を実際にご覧いただければと思います。
なお、この商品はO-ROSE オンラインストアでもご注文を受付しておりますので、遠方のお客様からのご注文もお承りしております。


    
        PP701マホガニー材オイル仕上げの笠木


今回入荷したロット生産分の木目の印象といたしましては、比較的落ち着いた表情のものが多く、2脚や4脚まとめてのご検討でしたら、コーディネートの際にまとまりが出て合わせやすいかと思います。

スタンダードレザー(デンマーク製の高級アニリンレザー)や、ハイタイプ(sh450)に変更をご希望の際もオプションにて対応致しますのでご相談くださいませ。

世界の三大銘木の一つと言われているマホガニー材は、経年を追うごとに独特の赤みの濃さが増していき、光の当たり具合によりシルクのように光沢を発します。 木目が詰まっていてしっかりとしている割に軽く、椅子にはぴったりの樹種です。

PP701は元々作者のハンス・J・ウェグナーが自邸のダイニングで使用するためにデザインした椅子で、笠木が背からアームにかけて4つのパーツを集成したことで弓状に1つで繋がっており、美しい曲線が実現しました。

しかし個々のパーツを組むことにより木目の流れが途切れてしまう為、ウェグナー氏はあえてコントラストが生れるように、ブラジリアンローズウッドを接合部分に取り入れています。 また デンマークの国旗を意識した中央の十字型のクサビは、構造全体の強度を保つために重要な役割を果たしています。

彼のものづくりへのポリシーとして、PPモブラーの職人に 「意味のないデザインは無い。 隠せないのならば、敢えて美しくみせよう。」 と、自信がデザインする椅子への熱意を述べていたそうです。 PP701はそんな彼の考えが大きく反映された1脚とも言えましょう。



宮崎椅子製作所の MODUSシリーズ

また、昨年9月から販売を開始しております宮崎椅子製作所の新作MODUSシリーズより、新たに ライトアーム、レフトアーム、アームレスの3つのラインナップが加わりました。

MODUSは、デンマークデザイン家具の黄金期(1959年代~1960年代)のデザイナーの一人である Kristian Solmer Vedel (クリスチャン・ソルマー・ウェデル) によるデザインの正規復刻品になります。

※MODUSの詳細は2018年9月のブログでもご案内させて頂いておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

同シリーズは6種類(アームチェア、ライトアームチェア、レフトアームチェア、アームレスチェア、オットマン、サイドテーブル)よりお選びいただき、共通の正方形のモジュールを揃えることにより、それぞれを組み合わせてお好みのレイアウトをお楽しみいただけます。

今回新たに加わりました3種類の他、両肘付きタイプのアームチェアとオットマンも展示しております。

春の新生活に向けて椅子の新調をお考えの際には、ぜひ店頭にてデンマークデザインの名作をお試しくださいませ。 皆様の御来店を心よりお待ちいたしております。
(阿部)







PP701 マホガニー材オイル仕上げソフトレザー
新入荷在庫 1脚 241,000円(税別)




MODUS シリーズ 展示中です!



MODUS の新しいラインナップ
左から ライトアーム、アームレス、レフトアーム



MODUS  ㊧アームレス  ㊨ライトアーム


※ このホームページ内に記載しているコメント、画像、表、ロゴ類などを無断で加工したり転用・転載(コピペなど)をすることを禁じます。


2019/2/14(木)

『 J39 FDBスペシャル (シーグラス) について!』


 こんにちはスタッフの山口です。
今回は言わずと知れたデンマークの名作椅子 『J39チェア/Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)』 のご紹介です!

J39 は1947年の誕生以来、デンマークで最も売れていると言われるほど普及している椅子ですが、その歴史的な背景も深い椅子です。





             ① ボーエ・モーエンセン邸に残る初期のJ39
            画像: スカンジナビアンリビング / FREDERICIA



O-ROSE 回帰大作戦シリーズでも、その歴史をより深く楽しむために特注品としてシーグラスコード仕様のJ39を販売しています! ここでO-ROSEの怪奇大作戦シリーズの趣旨と、J39のシーグラスコード(右図②)についてご説明をします。


O-ROSE の回帰大作戦シリーズは、2009年頃から段階的に進めているオー・ローズ ファニチャー独自の企画商品で、現在までに10作以上ののラインナップをそろえております。

これらは現行で市販している正規品のデザイナーズ家具に良質な材料で手を加え、昔の職人の技に習って発表当初のオリジナル仕様にアレンジしている商品群です。

決して懐古主義な目的でやっている訳ではなく、現在ではメーカーの諸事情や技術革新によって省略されてしまった工程、部材、素材などにもう一度向き合ってみて、あえてコストや手間のかかることに取り組んでおります。

これらを一つ一つ施工してみると分かることなんですが、オリジナルと現行品の両方の良さを再認識するばかりか、品質改良されている現行品をアレンジするということは、ある意味で最強なのかもしれません。


J39のオリジナルが発表されたのは1947年。 第二次世界大戦後も間もない物資が不足している時代でした。

デンマークは戦火をほとんど受けずに終戦を迎えたため復興が早く、一般市民のために安価で質の高い椅子を作って欲しいというFDB(デンマーク生協)の要求により、モーエンセン事務所とデザイン提携を結び、J39の他にも多くの家具が発表されていました。

J39のデザインの基になっているのはアメリカのシェーカー教徒が教会で座るためのシェーカーチェアです。 構成するパーツを、脚・背・座面・脚の間のスティックバーの4種類に絞り込み材料コストを抑え、人の手をあまりかけずに機械加工でこれらのパーツを生産しました。

座面のペーパーコードは機械で編めないため、町の人々に呼びかけ歩合制で作業にあたらせるという徹底ぶりだったそうです。 材料の節約、無駄な工程を省きながらも、丈夫でシンプルで美しいこの椅子は、多くの市民に支持され、今もなお愛されています。

現在市販されている北欧の椅子のシートは、J39をはじめ、 ウェグナーのYチェア、他と同様にペーパーコードが主流です。 ペーパーコードは1950年頃から一般的に普及した材料で、戦後間もない1947年頃はまだ紙が貴重品で高価なものでした。

コストを抑える事が課題のこの椅子はシートに、当時普及していた 『シーグラス(水草)』 を編み込んでいます。 参考までにモーエンセン邸にあるJ39は今も初期の状態でJ39が置かれています。 (上図①を参照)

J39のシーグラスコードは初期中の初期のモデルということになり、ビンテージ品でもほとんどお目にかかれることはありません。 また現在ではシーグラスは需要が無くなってしまったことで、各国でも殆ど普及していないため、入手が困難で大変貴重な材料になっています。

今回オー・ローズの特注J39は、現行のフレデリシア製のJ39にシーグラスコードを使用し、その編み方も発表当時を忠実に再現しております。(右図③参照)

現行のJ39はより量産に特化させ捨て巻きの張りを行っていますが、初期のシーグラス仕様は捨て巻きをせず前方両端のウネリ部も手間をかけて編みこんでいます。(右図④参照)

これにより段差がなくなり、前脚上部の出っ張りで腿の外側がひっかかる事も軽減されますが、量産には向いていない巻き方のため、現在はどのブランドもシートの前方は捨て巻きが主流になっています。

そんなスペシャル仕様のJ39を、現在オー・ローズでは店頭で展示販売しております。 ご興味いただいた方は、ぜひ座りにいらしてくださいね!
なおこの商品はO-ROSE オンラインストアでもご注文を受付しております。
また現在J39をお持ちの方で張替えをご希望の方は一度ご相談くださいませ。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。 (山口)




O-ROSE 回帰大作戦シリーズ #7
J39 FDBスペシャルのご紹介





O-ROSE オンラインストアでもご注文を受付中!



図②
O-ROSE 特注仕様 J39 FDBスペシャル
(現行のフレデリシア製の正規品を弊社で加工)
オーク材ソープ仕上げ 126,000円 (税別)
ビーチ材 ソープ仕上げ 99,000円 (税別)
※オイル仕上げは各5,900円(税別)増しです。

既存のJ39をシーグラスコードに張替も可です。
張替品は店頭での引取りと引き渡しも可です。
J39 シーグラスコード張替え 29,000円 (税別)





図③
③ J39 FDBスペシャルのシーグラスコード





図④
㊧現行正規品のコーナー部のペーパーコードの捨て巻き
㊨FDBスペシャルはシーグラスでオリジナルの巻きを再現



※ このホームページ内に記載しているコメント、画像、表、ロゴ類などを無断で加工したり転用・転載(コピペなど)をすることを禁じます。