オー・ローズのトップページ



オー・ローズ オンラインストア



神宮前の
オー・ローズ ファニチャー

 オー・ローズ facebook
«  2017年2月  »
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
2017年のブログ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
アーカイブ
以下は過去のブログ選択
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

O-ROSEの取扱い商品や、日頃の出来事を紹介するコーナーです。

2017年2月


2017/02/24(金)
『 KNAXコートフックのご紹介 』



 こんにちはスタッフの山口です。 今回はオー・ローズが長年取扱いをしております人気商品の 『Loca KNAX コートフック』 のご紹介です。

       
Locaとは?
 Locaはコートフックやハンガーを専門に製造する従業員3名のデンマークの小さなメーカーです。 代表作のKNAX(クナックス)コートフックは、デンマークのデザイン賞Formland Prisenでグランプリを受賞し、世界各国から高い評価を得ています。

 このKNAXコートフックは、社長と奥様が洋服の大好きな11歳の娘さんのために、『美しくて出しゃばらないコートフック』 を探していたところ、どこへ行っても気に入ったものが見つからないので、ついには自分たちでコートフックの商品開発をして誕生しました。 使用しない時はスプリングによって自動的にフックが本体に格納されますので子供部屋でも安全に使えます。 シンプルながら洗練されたデザインで、お部屋や玄関先、店舗や客室など、どこに配置してもマッチします。

 ホリゾンタル(平行型)のコートフックには2フック、4フック、6フック、8フック、10フックの5つのタイプがあり、それぞれがインテリアに合わせて豊富な樹種とフックの色(ブラックとシルバーの2色)が選べます。 同シリーズにはバーチカル(縦型)や、フリースタンド型のコートラックもございます。

 KNAXコートフックは天然の木目や色合いが一点一点異なるため、渋谷区神宮前の店舗オー・ローズ ファニチャーでは各サイズごとに在庫品をご覧いただきながら、お客様のお好みのフックがお選びいただけます。 これらの在庫品はオー・ローズ オンライストアでも安心してお買い求め頂けますよう、全ての在庫品の画像を掲載して販売しております。ぜひ遠方のお客様もご利用くださいませ。 (山口)



KNAX ホリゾンタル(横型)フック

 

2フック 19,980円、 4フック 29,160円、 6フック 36,720円
8フック 43,200円(各税込)






2017/02/17(金)

『 O-ROSE リビング&ダイニング フェア ラウンドテーブルのご紹介 』


 こんにちはスタッフの阿部です。 まだまだ北風が冷たく、ついついホットコーヒーに手が伸びてしまいますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 ただいま神宮前のオー・ローズ ファニチャーでは リビング&ダイニングフェアを開催中です。 今回のO-ROSE TODAYはラウンドテーブルのご紹介です。

 ラウンド型のテーブルは、国内でも数十年位前には、憧れの対象として直径100cm前後のメラミン化粧板タイプや、突板の伸長式のものが流行していた時期もあったそうなのですが、近年でもリビングとダイニングを間仕切りなどで遮るものが無い開放的な間取りが一般化したことで、以前よりはスペースを自由に使えるようになったのでしょうか、直径1200のラウンドテーブルをご検討されるお客様が増えてきているようです。
 一見大きく感じられるラウンド型のテーブルでも、それなりのメリットがあります。 お気に入りの椅子の配置にも自由がきき、2台、3台、4台配置しても一人あたりの寸法が均等にとれます。 その他に、小さいお子様がいらっしゃるご家庭でも角が無いため安心してお使い頂けますし、コーナーが無いことにおいてはミニマムなダイニングスペースにこそ身動きがとりやすく動線も確保しやすいという点ではとても便利です。そこで今回はオー・ローズが一押しのラウンドテーブルの事例をいくつかご紹介させていただきます。

 まず最初に宮崎椅子製作所 / Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)デザインのUniverse dining table (ユニバース ダイニングテーブル)です(右図①・②参照)。
 こちらのデザインは1950年代から今日でも活躍をされているデンマークのデザイナー カイ・クリスチャンセンさん(1929)です。天板は突板天板タイプ(サイズφ1000)と無垢天板タイプ(サイズφ1000φ12002)からお選びいただけます。突板天板タイプは仕上げにウレタン塗装を施していることによって、油汚れなど吸収しないため日々のお手入れは簡単です。 また、無垢天板タイプは仕上げ材をお選び頂き(蜜ロウ、オイル、ソープ材)表面を仕上げることにより定期的なお手入れをすることで、無垢板ならではの温もりと木肌の心地良さをお楽しみいただけます。

 
ユニバースダイニングテーブルは、宮崎椅子製作所がNo.42チェアを復刻生産するに際に、カイ・クリスチャンセンさんご本人がデザインしたテーブルです。 またそれ以後も同社から発表されました4110チェアHANDYチェア(NV-31)などと合わせることでも一体感のある魅力的なダイニング空間を作ることができます。 シンプルながら優しさを感じるフォルムは、宮崎椅子の他のラインナップ(hataチェアDC09、DC10GINAチェア、Pepeチェアなど)はもちろんのこと、O-ROSEがご紹介しております北欧の他ブランドの名作チェアでハンスJ.ウェグナーがデザインしたPPモブラーPP58 & PP68PP701などとの相性も抜群です(右図③・④参照)

 続いては宮崎椅子製作所/小泉誠さんデザインの MI丸テーブルのご紹介です。MIテーブルは建築設計からプロダクトデザインまで幅広く手掛けられているデザイナーの小泉誠さんが、自ら設計した宮崎椅子製作所の事務棟の空間に合わせて考えられた長方テーブルが基となり商品化されました。 サイズはφ9001200㎝の10cm刻みで4タイプと、4本脚タイプと3本脚タイプを取り揃えていますので、単身の方からご家族様まで様々な生活スタイルに合わせてお選びいただけます。3本タイプは脚同士の間隔が広いため、ゆったりとスペースが確保できます(右図⑤参照)。 お部屋のバランス、テーブルやチェアの配置イメージに合わせ、サイズ、脚の本数、脚と天板の樹種がお選びいただけます(右図⑥参照)。

 これから春の新生活に向けて移転やリフォームの予定がありますお客様は、インテリアショップ巡りをされる際には、ぜひ神宮前のオー・ローズ ファニチャーへお立ち寄りいただき、様々な椅子とテーブルをセットで体感してみてください。 (阿部)



宮崎椅子製作所のラウンド型テーブル 事例のご紹介




ユニバースダイニングテーブル Ø1200
図① Y様邸 オーク材蜜ロウ仕上げと No.42チェア
図② Y様邸 ウォールナット材蜜ロウ仕上げとNo.42チェア




ユニバースダイニングテーブル Ø1200
図③ T様邸 ブラックチェリー材蜜ロウ仕上とDC09チェア
図④ T様邸 オーク材ソープ仕上げと PP58チェア




図⑤ O様邸 MI丸テーブル3本脚 Ø1200 ブナ材蜜ロウ仕上げ
kuku無垢チェア、UUチェア
図⑥ A様邸 MI丸テーブル4本脚 Ø1200 ナラ/ウォールナット
UUチェア O-ROSEの特注2トーン・ウォールナット/ナラ



※ このホームページ内に記載しているコメント、画像、表、ロゴ類などを無断で加工したり転用・転載することを禁じます。